MUQU

NEWS-イメージ

news

# インタビュー

MUQU住人インタビュー vol.1「時田洵子さん、悠乃ちゃん」

# インタビュー

時田さんはご主人と一人娘の悠乃ちゃんとの3人暮らし。2017年11月、結婚を機に家族でガーデンハイツ江戸堀へ越してきました。新居を探していた当時、すでに悠乃ちゃんを妊娠していた時田さんが重視したのは周辺環境。ご主人と自分の職場にアクセスの良い大阪市内に住むとなると、緑が多く子育て世代にも人気の靭公園周辺が良いかもしれない。そんなふうに考えていたとき、ガーデンハイツ江戸堀のMUQUを知ったのだといいます。

リノベーション物件に住むのは初めてだという時田さん。「この部屋を紹介されたときはまだリノベーション前でしたが、別のリノベーション済みの部屋の写真を拝見して、すごく気に入りました。MUQUの基本的な構造や空間の雰囲気はどの部屋も共通しているとのことだったので入居を決めたら、これが大正解。部屋のサイズ感も3人家族にちょうどいいし、なによりめっちゃおしゃれやん! と(笑)」

バーチ材の床で生活して思うこと

時田さんが住む部屋の無垢材はバーチ。バーチがもつナチュラルな雰囲気に北欧風のインテリアを合わせ、すてきな空間に仕上げてくれています。ちなみに、無垢材の住心地はいかがでしょうか……?

「見た目も、肌触りも『本物の木』って感じなのが好きです。ふつうのフローリングって、触るとなにかのコーティングでつるつるしているじゃないですか。でも、無垢材はマットで肌に吸いつく感じが心地良い。床にごろんと横になるが楽しみのひとつになりました。あと、私は秋に引っ越してきたのでこれから寒くなるというタイミングでしたが、無垢材の床だとそんなに寒さを感じないんですよ。もちろん気温の低いときはまったく冷たくならないわけじゃないけど、ふつうのクローリングに比べると明らかに暖かいと思います」

無垢材のある生活を気に入ってくれているようで、なによりです。でも、実際に暮らすと良いことばかりではないはず。無垢材の短所があれば正直に言ってください!

「それが、本当にないんです。傷がつきやすいと聞いたことがあるけど実際にはそうでもないですし。水に弱いとも聞いたので、水分をこぼしたらすぐに拭く、日常の掃除で水拭きはしないよう心がける。ふつうのフローリングと違うのは、それくらいでしょうか。掃除機もルンバも問題なく使えるので、特に不便を感じることはないですね」

そう言う時田さんの足元で、あっちにハイハイ、こっちにハイハイと、せわしなく動き回る悠乃ちゃん。そんなわが子を見て「子どもも肌触りが良いと感じるのか、毎日ハイハイし放題なんですよ。リビングからキッチンへ、なんなら玄関まで行っちゃいます(笑)」と目を細める時田さん。悠乃ちゃん、無垢材の上ですくすく成長してくださいね!

ARCHIVE

CATEGORY